weeklyとれんどブログ

巷で超ウワサの、気になる出来事、縦横にカットして書いてます♫

今日見つけたこと

アリエッティ・マーニー手掛けた米林宏昌監督の新たな幻想作品

投稿日:

Pocket

7月7日「金曜ロードSHOW」ご覧にら慣れた方も多いと思います。

日本テレビ午後9時から始まる「2週連続 夏はジブリ」。その第1弾として2010年公開の劇場版アニメ「借りぐらしのアリエッティ」が放送されました。

出典:https://kinro.jointv.jp/lineup/20170707

 

原作はメアリー。ノートンさん。英国の児童文学をジブリクォリティーにしたもの。

2010年の東京都小金井市を舞台にし、古い家の床下に住む小人を描いています。

「借りぐらし」の由来は、古い家の床下を間借りしているということもありますが、彼らは人間から様々な道具を借りて、独自の生活環境を作り出して暮らしていることにあります。

その小人少女アリエッティを偶然見つけた人間の少年・翔。

翔はアリエッティと仲良くなるために様々なアプローチを掛けることにより、次第に小人であるアリエッティと人間である翔の距離を縮めていきます。

 

しかし、その行動を怪しむ家政婦ハル。
家政婦は見た!&小人を捕獲しようと画策する家政婦。人間の善性と悪性を童話らしい流れで描く。優しくも美しい背景は作品の数を増すごとにより濃厚になってますね。

 

さらに屋敷への詳細。迷路のような床下や壁の間。

小人であるアリエッティの視点から見る景色は、草というよりマングローブに近いです。

モデルとなったのは静岡県平川市の盛美園。ジブリ色というべき色彩はスタジオ独特ですね。

 

「2週連続 夏はジブリ」ということでもう一つは「思い出のマーニー」。

原作は「ジョーン・G。ロビンソンさん。

出典:https://www.febe.jp/documents/special/marnie/index.html

幼いころ孤児となったアンナ。しかし、アンナは自分を残して死んでしまった母や祖母を憎み、養育費を市から受給している養母に疑心暗鬼になっていました。その結果、喘息を患い療養のために海辺の村で過ごすことに…

村を訪れたアンナ。それは一つの邂逅でした。「湿地屋敷」と呼ばれる屋敷。

そこに長く住むという不思議な少女マーニー。彼女の孤独に触れ、悩みを打ち明け、友情を深め合う。しかし、マーニーにはもう一つの秘密が…

 

小説の舞台はイギリスのノーフォーク州にある海辺。

作中にマーニーが恐れていた風車小屋は1816年に建築され、今ではコテージに利用されています。

そして湿地のモデルは北海道藻散布沼。冬は白鳥の越冬地。タンチョウ鶴も営巣する0.5k平方mの小さな海跡湖です。

 

「2週間連続 夏はジブリ」と聞いてピンと来た人も多いと思います。

そのとおり、スタジオジブリ退職後、米林宏昌監督が初めて手掛けた劇場版アニメ「メアリと魔女の花」が7月8日にTOHOシネマズスカラ座ほかで公開されます。

出典:https://ciatr.jp/topics/261880

 

米林宏昌監督がこれまで手掛けていた作品は「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出もマーニー」。ジブリ色の持ち味を最大限に生かした作品です。

そして、米林宏昌監督が今回も振るってくれます。原作は英国の女流作家メアリー・スチュアートさんが1971年に出版した児童文学。

注目は飛行シーンの爽快さとやはり背景の美しさ。そして、ストーリーに散らばる「不思議」と「魔法」です。

主人公メアリは猫のティブとギブに導かれ、森で7年に一度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を見つけます。

しかし、それはかつて「魔女の花」と呼ばれ、魔女の国から盗まれた禁断の花。

一夜限りの不思議な力により雲海の中にそびえ立つ魔法世界の最高学府「エンドア大学」への入学を許されるが、その結果メアリがついた一つのうそが大切な人を巻き込んだ大きな事件を引き起こす…

背景にはドワンゴの川上量生さん、カラーの庵野秀明監督、スタジオポノックの西村さんが設立した背景美術会社「でほぎゃらりー」が担当。

さらにアドバイザーとして男鹿和雄さんと武重洋二さんを加え、飛翔する重厚感と臨場感を描いてくれることでしょう。

ジブリお得意の飛行、さらに追い迫る視点を受け継ぎ、米林宏昌監督はさらにどのような脚色を描いてくれるのでしょうか。

復帰した宮崎駿監督、ジブリファンの方々に「米林宏昌ここにあり!」今が魅せるときですね。

Pocket

レクタングル大

スポンサードリンク




レクタングル大

スポンサードリンク




人気の記事一覧

人気の記事一覧

人気の記事一覧

-今日見つけたこと

Copyright© weeklyとれんどブログ , 2017 AllRights Reserved.