weeklyとれんどブログ

巷で超ウワサの、気になる出来事、縦横にカットして書いてます♫

今日見つけたこと

福田明日香 モー娘引退からの人生設計 後悔は誰でもすること

投稿日:

Pocket

「あの人は今?」

なんて、テレビで露出しなくなった人が何をしているかなんて話はよくされます。

単純に舞台に力を入れている人もいれば、本当に引退している人。さらには引退したけど、復帰したい…なんて人。

出展:http://pinfluencer.net/hukudaa/

例えば、この方。元「モーニング娘。」メンバーで歌手の福田明日香さん。

福田明日香さんは1998年、「モー娘。」第1期メンバーとして12歳でデビュー。抜群の歌唱力でグループのメインボーカルも務めたが、翌99年に14歳の若さで芸能界を電撃引退。

あの当時は、つんくさんや小室哲哉さんプロデュース。テレビ東京系オーディション番組「ASAYAN」。ナイナイの岡村隆史さんの司会でオーディション。メンバーも増え続け、姉妹ユニットがたくさん生まれましたね。

福田明日香さんはその第一線の方ですね。

CD最高売り上げ165万枚、紅白歌合戦10回連続出場のトップアイドルグループの一員。これだけの功績を残すグループから14歳で引退。在籍は2年。これだけの環境の中にいると感覚もおかしくなりそうですね。

引退の理由は

「めまぐるしい環境の変化に12歳だった私の精神がついていかなかった。思うように声が出なかったり、体がついていけなくて、活動が続けられなくなった」

と明かします。そして、引退後に対人恐怖症になってしまったとも話し、高校も中退。

「歌さえやっていなかったら、私はこんなことになっていなかったって。音楽さえなかったら、もっと明るい人生だったろうにって思いました」

と振り返ります。

しかし、その発言に物議が発生。

「モー娘。」として活動したことを後悔するような発言。ツイッターなどに「歌のせいにするのはどうかと思う」「やりたくて入って、つらくてやめて離婚もして、全てあなたの決めたことでしょ」など、福田さんの発言に批判的な書き込みがあり、福田明日香さんは謝罪ブログで「この場を借りて、訂正させてください」として、

「引退した直後の、2年間ほど、悩んでいた時期のお話をさせていただいた際に、表現が過剰になってしまいました。歌が無かったら、今の私はありませんし、応援してくださっていたファンの方にも、言い尽くせないほどの感謝をしております」

と訴えました。

確かに自分の決めた事というのはありますね。

しかし、決めたことでも後悔はしますし、弱音も吐きます。仮にそれほど強いなら引退もしていなかったと思います。後悔は誰だってしますし、後悔しない人はいないでしょう。

仮に私は後悔なんてしたことないという人がいるならその人はきっと鈍感なだけではないでしょうか。

目まぐるしい成功。それで人生設計がおかしくなるということは、芸能だけじゃなく宝くじの高額当選者や会社を起ち上げた人にもあることですしね。

手に入れた物を失った時、「もし」なんて言葉を口にしてしまうものです。成功を手に入れて、それを自ら手放した。もし、その成功が初めからなかったら、考えることもなかったでしょう。

愚痴を言ってもなにもかわりませんが、そこまで辛辣にいう事なのかな?

とも思います。

Pocket

レクタングル大

スポンサードリンク




レクタングル大

スポンサードリンク




人気の記事一覧

人気の記事一覧

人気の記事一覧

-今日見つけたこと

Copyright© weeklyとれんどブログ , 2017 AllRights Reserved.