weeklyとれんどブログ

巷で超ウワサの、気になる出来事、縦横にカットして書いてます♫

今日見つけたこと

安室奈美恵は人気がない! 古市憲寿に佐藤仁美が激キレ!

投稿日:

Pocket

余計なひと言が火に油を注ぐ。そんな経験は誰でも持ってると思います。

琴線に触れる部分は人それぞれですが、わかりやすい琴線といえばファンの前でそのアーティストに難癖つけることでしょうか。

口論になることは必須。難癖つけた部分を訂正し、折れることがスマートだと思いますが、子供大人な方ほどそれが出来ないんですよね。

来年9月16日で引退する歌手の安室奈美恵さんが11月8日に発売したベストアルバム「Finally」が100万枚を突破。

出典:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171112-OHT1T50080.html

 

注目すべきは10代、20代、30代、40代の4世代にわたって史上初めてのミリオンヒットという記録。そういえば、タレントのイモトさんもファンクラブ限定名前入り仕様。

ゴールドのステッカーの中に「AYAKO IMOTO」のアルバムを手に大喜びしていましたね。

この快挙に各メディアも挙って取り上げ、紅白出場熱望やチケット争奪戦は必至など、引退公演までにどのくらい熱は膨れ上がるのでしょうか。

11月12日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)でもこの話題が特集されました。そして、その快挙でまたしても、「一言多い」この方が…

その方の名は社会学者の古市憲寿さん。

出典:http://colorfulnews.info/news/tv/10035/

 

社会学とは社会現象の実態や、現象の起こる原因に関する因果関係を解明する学問。それ故に言ってることが理屈っぽいのは仕方のないこと。

今回の快挙にも

「みんなが褒め過ぎな気がして」と見解を示し、その理由として「ベスト盤、確かに良かったんですけど、昔の曲、全部歌い直しているんですよ。歌い直した曲、正直、昔の方がいいなと思っている曲もあるんですね。音の伸びだとか高音だとか。それもちゃんとひっくるめて評価されないと多分、本人も辛いのかなと。今が最高だと言い過ぎちゃうと。安室さんにノーと言えない空気が気持ち悪い」

と持論を展開した。

人それぞれの脂のノリや好みがあります。さらにいうなら、ノーと言えたから来年1年で引退するのでは?

嫌だからすぐ辞めるはプロとしても社会人としても失格でしょう。結果が残ったならばアーティスト冥利に尽きると思います。

しかし、ここまでは人それぞれの見解の違い。それなりに社会学者してるかな?と思えます。

ただ、ここから先の蛇足はタダの感情論では?と思う場面が…

これに対し、女優・佐藤仁美さんが「ずっと人気がある」などと安室を絶賛。

出典:https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1112784

 

しかし、そのコメントにの古市憲寿さんは「絶頂っていうわけでもなくて」と異論を挟むと佐藤仁美さんは「ずっと絶頂なのよ」と反論。

それに対し、「最近のシングルとか、オリコンのランキングとかで6位とか。ずっと1位ってわけではない」と返すと「ちょっとこいつ、ネガティブだな!人が好きだって言うとすぐ上から来るんだよ。お前、受け入れる器、ゼロだな」とマジギレ。

まあ、どっちもどっちなのですが、ここでわざわざ火に油を注ぐ必要があったのか疑問に思いますね。

「そうですね」で終われば済む話。見ている方も低レベルな…と思うと同時に安室奈美恵さんのファンからしてみれば見たくもない諍いですね。

佐藤仁美さんの「人気がある」に対し、ずっとランキング1位ではなく6位にときもと言いますが、6位って十分人気なのでは?

人気の物差しも人それぞれあると思いますが、ちょっと苦しいかな?と…

話題に対し、ディスりたい。

それが社会学者の古市憲寿さんのスタンスなのでしょう。しかし、ある程度折れるくらいの物腰と器量は必要だと思いますね。

Pocket

レクタングル大

スポンサードリンク




レクタングル大

スポンサードリンク




人気の記事一覧

人気の記事一覧

人気の記事一覧

-今日見つけたこと

Copyright© weeklyとれんどブログ , 2017 AllRights Reserved.