weeklyとれんどブログ

巷で超ウワサの、気になる出来事、縦横にカットして書いてます♫

今日見つけたこと

中川翔子が愛猫「マミタス」に最後の愛情

投稿日:

Pocket

甘えたで気分屋。我儘な距離感を好む猫の魅力。

ネットでも数多くの愛らしい猫の仕草を画像に上げる人は多いですね。そんな愛猫家の一人、中川翔子さんの飼い猫「マミタス」が急死したと9月23日、自身のツイッターに上がっていました。

中川翔子さんは「九月十九日 最愛のマミタスが急死しました」と愛猫の死を報告。寝ていると思ったら息をしていなかったとのことで、原因も理由もわからず受け止められないと思いを吐露。

「マミタス」はいつも側にいて沢山の愛をくれました。皆様にもマミタスに沢山愛をいただいたこと感謝致します」とつづっています。

出典:http://lwoyr.com/anime/68/

 

中川翔子さんの飼い猫「マミタス」の年齢は13歳。

人間でいうと68歳の高齢ですね。中川翔子さんが「マミタス」を抱き上げる写真もありますが、かなり肥満ぎみのようで…

野良猫の寿命は大よそ3年から4年といわれ、その原因は一つに怪我や病気。栄養失調。ストレス。そして気温変化への適応ができない為だとか。

しかし、飼い猫の寿命は野良猫の2倍から3倍生きるとされてます。

長く生きる猫だと15年。中川翔子さんの13年となるとかなり長く生きて大往生ともいえますね。

長く生きる猫は、人間と同じ病気にかかったりもしますね。

例えば、成人病です。糖尿病や動脈硬化など歳を取ったり食生活によってリスクはあがります。

さらに虫歯。痴呆症もありますね。猫エイズウィルス(FIV)というものも。

猫の食べていいものも気をつけなくてはいけませんね。

例えば、チョコレートや玉ねぎは猫にとってタブーの食べ物ですよね。そして、イカも猫に食べさせるなと言われますね。

チョコの成分である「テオブロミン」を摂取してしまうと中枢神経にダメージを受けてしまうそうです。

さらに玉ねぎにはアリルプロピルジスルファイドと呼ばれる猫の赤血球を壊してしまう成分があります。

摂取してしまうと「溶血性貧血」俗にいう「玉ねぎ中毒」になります。

そして、イカですね。水揚げされたイカは時間がたつとチアミナーゼ酵素を発生させます。この酵素はビタミンB1を分解する作用があり、そのビタミンB1が不足すると脚気の症状を起こすこともありフラフラする状態になるとか。

熱を加えると消えるそうなのでチョコと玉ねぎと違って、こちらは処理に気を付ける程度ですね。

さらに、猫の好物でもある煮干し。こちらも美味しそうに食べるからと言ってやりすぎるとマグネシウム過多となり尿結石の原因となります。

海藻類による、よう素過多は甲状腺機能亢進症の原因。10歳以上の高齢な猫はリスクが高まるそうです。

ただ、こちらの症状はたくさん食べるのに痩せてくるそうで中川翔子さんの「マミタス」とは関係なさそうです。

中川翔子さんの飼い猫「マミタス」の死因。歳と肥満からくるとなると心不全あたりかも?

本当に大往生だとおもいます。

出典:http://girlschannel.net/topics/17239/

 

突然の死は大変悲しいことですが、「マミタス」にとってたくさんの愛情をもって生きられたことは幸せだったと思います。

別れって本当に悲しいですね。

心からご冥福をお祈りいたします。

Pocket

レクタングル大

スポンサードリンク




レクタングル大

スポンサードリンク




人気の記事一覧

人気の記事一覧

人気の記事一覧

-今日見つけたこと

Copyright© weeklyとれんどブログ , 2017 AllRights Reserved.