weeklyとれんどブログ

巷で超ウワサの、気になる出来事、縦横にカットして書いてます♫

今日見つけたこと

滝川英治が「弱虫ペダル」撮影中に転倒で脊髄損傷!

投稿日:

Pocket

「弱虫ペダル」という漫画をご存知でしょうか?

渡辺航さんによる週刊チャンピオン連載の作品。現在52巻まで発売され累計部数1700万部を超えるヒット作品。自転車競技を熱く語るスポーツ漫画ですね。

アニメでも第3期まで放送して第4期は2018年1月から放送決定とか。

そして、実写ドラマ「弱虫ペダル」も日本テレビ系BSスカパー!から「弱虫ペダルSeason2」放送され、現在「弱虫ペダルSeason2」が準備中でした。

出典:http://natalie.mu/stage/gallery/show/news_id/243320/image_id/774983

 

そんなドラマの撮影中、俳優・滝川英治さんの事故。事務所によりますと滝川英治さんは9月15日に参加していたドラマ撮影中に自転車で転倒するという事故に見舞われた際、ドクターヘリで現場から搬送され、すぐに手術は行われたとのこと。

ドクターヘリってよく話に聞きますが、大抵は救急車での搬送ですよね。

ちなみに一般市民がドクターヘリの出動を依頼することはできません。119番通報を受けた消防機関が患者の状態、現場への交通状況などを総合的に判断して要請します。

ならば、ドクターヘリが要請されるのはどのようなケースかというと脳卒中や心臓発作、交通事故や災害などのけがによる大量出血、大やけど、異常分娩など緊急に治療を行う必要がある場合に出動要請があります。

医療過疎と呼ばれる農山村地域から高度医療施設への長距離搬送が有効と考えられる症例、災害や渋滞などで救急車の出動が困難な状況で要請されることもあります。

ここからわかる通り、かなり緊急性を要することがわかります。

さらにドクターヘリには医師が乗っているため、いち早く本格的な救急治療を始めることが可能。ヘリには、医師のほかパイロットや整備士、看護師が乗務。そして、ドクターヘリには出動時間というものが存在し、出動時間は午前8時半~日没前までと定められているため、夜間に出動することはできません。

また視界が確保できない悪天候の場合にも飛べないことがあります。二次災害の恐れがある為ですね。

滝川英治さんは脊髄損傷という診断を受け、現在も病院で治療中であり、「一日も早く皆様の前に元気な姿で戻れるよう、暫くの間、治療に専念させていただければと思います」とつづっています。

今後は、滝川英治さんの回復状態により、リハビリに移っていくそうで事務所も滝川英治さんの回復を祈るとともに、サポートをふくめ最善を尽くしたいという意向を示しています。

ドラマ「弱虫ペダルSeason2」については、滝川本人と家族の意思を確認・尊重の上で予定通り放送されるとのこと。10月に出演を予定した舞台「Live Musical『SHOW BY ROCK!!』-深淵のCrossAmbivalence-」は降板するそうです。

「弱虫ペダルSeason2」の撮影での事故は、ダウンヒルだったとか。クライムヒルはパワーと忍耐を要求されるものに対し、ダウンヒルはテクニックと危険を伴います。重心次第で後輪が浮いたり、ラインが膨らむとガードレールに激突なんて事故も…

こちらはどのような事故原因かはわかりませんが、脊髄損傷という大事故。後遺症もそうですが、リハビリもかなりきついのですがその辺りは現時点でわかりませんね。かなり心配される事態ですが、情報待ちになりそうです。症状が軽ければいいのですが…

自転車での事故は深刻な問題となってます。今では自転車保険も必要になりヘルメットの義務化も進められてますよね。

過去にも死亡事故が多発して、自民党の谷垣前幹事長もロードバイクで走行中に転倒したんでしたっけ。

他にも苅羽悠さんはマウンテンバイクで走行中に死亡事故もありましたね。

振り返ってみるとどれもかなり深刻です。ロードバイクだと相当スピードも出ますが、通常の自転車でも起こりうる事故と被害です。

目の当たりにすると恐ろしいと思います。滝川英治さんの経過も気になりますが、とにかく、 一日でも早い回復をお祈りいたします。

Pocket

レクタングル大

スポンサードリンク




レクタングル大

スポンサードリンク




人気の記事一覧

人気の記事一覧

人気の記事一覧

-今日見つけたこと

Copyright© weeklyとれんどブログ , 2017 AllRights Reserved.